忍者ブログ

Elysium

  美月の日常やどーでもいいこと, 自己満, お仕事がんばり物語等を綴った気まぐれ日記

2017/12    11« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »01
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先月、姉の住む東京へ旅行に行ってきたんですよ!
今回はそのお話をば。だらだらと書き綴ろうかと思います。長文注意。

東京へはほぼ初めてだったんだよねー
大学の卒業旅行でディズニーランド行ったけど、あれ千葉だし。
ディズニー行くための通り道でしかなかったんだよね、あんときは。
今回は、旅行っつっても2連休でね。
前の日の日勤が終わったらそのまま空港へ直行し、その日の夜中には姉の家に着く予定で。
と言っても次の日また一泊したら、その次の日の昼過ぎにはまた空港行かなきゃだったけど。
2連休での旅行は行きも帰りもバタバタしちゃってきつかったなー

で、だ。
定時で速攻帰るために、いつもは勤務後に残ってやることが多い記録も勤務中に終わらせねば。
なのでその日は朝早く行って、勤務前と昼休みを記録の時間にあててがんばりました。
いやこれはいつも通りだけど。他の先輩たちいつ記録やってんだろ。
幸運にもその日の指導者さんも定時にさっさと帰られたから、私も帰られる…!
という訳で、ちょっとこそこそしながらさっさと帰りましたw

ところで、その日私はかわいいブーツを履いてきていました。
いつもは赤のスニーカーだけどね、今日くらいブーツ履いてかわいくらんらん♪ したい!
とかなんとか思ってたんだけどね。
いくら急いでたからとはいえ。
真っ白のナースシューズのまま行ってしまった…!

気付いたのは、タクシー降りて駅の階段上がってるとき。
なんか靴がカッポカッポすんなーと思って気付いたとき、頭真っ白になったよね。
思考回路一時停止したもんね。

駅のホームで待っててくれた母に泣きついた。でもどうにもできず。
でもでも諦めきれない私は、空港行く前に寄る駅で買う!と頼み込んで。
電車降りたらダッシュでお店へ行き、速攻で選んで超特急で買いました。
やーよかったよかった。さすがに白靴下に白シューズは恥ずかしかったからね。
まぁ白靴下はそのままだったけどね。

久しぶりに会う両親、それよりずっと久しぶりに会う姉。
久しぶりの家族団欒は良いものでした。

東京に着いたのは、23時も過ぎた頃。
姉の部屋は狭いから4人も寝られないってんで、姉んちとホテルと2:2に分かれると言われ。
そっからホテルの予約取ろうとするも、どこもかしこもいっぱい。
というか駅近くとはいえこんな近距離にホテルばっか並んでることにわたしゃ驚いたよ。
まぁそんなこんなで結局姉んちに4人で泊まることになり、とりあえず荷物置いて夕飯タイム。
つっても夜中の0時だからね、居酒屋行きました。姉の行きつけらしい。
美味しかったけど、私だけその日仕事だったからね。眠いのなんのって。
最後の方食べながら半分寝てたし。

姉んちは確かに狭かった…まぁ一人暮らしだしね。
つーか私んとこのアパートが広すぎんだよ、って言われた。
しょーがないじゃんいいでしょ羨ましいでしょ。
で、姉はベッド、他3人はその下になんか色々敷いて寝ることになりました。
こんなとき、私の「人と寝るときは仰臥位のまま寝返り一つ打たない」というのが役に立つ。

次の日はあいにくの雨…残念…でも、原宿の表参道?ってとこに行ってきました。
そのあとどこ行ったんだっけ…なんか新しくできたデパート?に行ったかな。
眠くてきつくて、そこでは父と一緒に休憩所で休んでたけどねw
その日の夕飯は、父の誕生日を祝いながらの焼き肉。
そう、今回の旅行は父の誕生祝も兼ねていたのです!おめでとう父。
 
私からのプレゼントとして、ショートケーキ買いました。みんな分ね。
いやー…プレゼントの存在忘れてたなんて内緒なんだからね!

次の日は私の希望で!横浜の中華街へ行ってきました!
楽しかったー美味しかったー!中国人の甘栗の押し売りには驚いたー!
姉に予め忠告されてなかったらもらってたかも。あぶねーあぶねー。

帰りの飛行機は、なんと人がいっぱいで…最終便でも他の会社のでも、全部が満席。
それにいち早く気付き、急遽 新幹線で帰ることに。
あと1時間気付くの遅れたら、新幹線も無理だったって言われたときは焦ったー!
次の日、また私だけ仕事だったからね。帰れなかったらやばかったな。
5時間かけて帰り、電車内で両親と別れアパートに着いたのはまた0時過ぎ。
そっから急いで風呂入ってとっとと寝たけど…次の日お仕事ちょっときつかったw
まぁ寝坊しなかっただけ成長したね自分!



という訳で、今回は私の仕事の都合でえらいバタバタした旅行になってしまいました。
だって1ヶ月に3日までしか休み希望入れられないっていう決まりだもの!
すでに研修のために1日希望入れてたから、あと2日しかダメだったんだもの!
今度旅行行くときは、来年の私の夏休みにしようね。
では(。・ω・)ノ




Q. 寝返り打たないってホントかよ?

A. ホントなんすよこれ。
 
 
 
このことを初めて知ったのは、小学6年生の修学旅行のとき。
私が一番最初に寝ちゃって、次の日「私寝相悪かった?」って同室の子に訊いたら、
「いや…寝返りも打たないで地蔵のように寝てたよ。ちょっと心配だったもん」
って言われたのがことの始まり。

小さい頃は私、寝相悪くてねー。家で寝てるときなんか、時々頭と足が逆になってたもの。
だから修学旅行とかどうしよー恥ずかしーって思ってさ。
でもみんななかなか寝なくて、わたしゃ眠くて、でも寝相が気になって、
ずっと気ぃ張ってドキドキしながら「寝相よく…寝相よく…!」って暗示かけながら寝たもの。
だからだろうね、もしかしたらそのときに発症したのかもねこれ。
 
でも昔はそこまででもなかったと思うよー、ほとんど意識してなかった。
高校~大学くらいからかな、このことを自分の特技というか…特徴として意識しだしたのは。
以来、家族旅行とか盆正月にいとこんち泊まるときとか。
大体私の隣は母なんだけど、母に訊くといつも微動だにしなかったって言われる。
いやまぁ顔とか上肢とかは動くけど。時々バンザイしてるけど。
人と寝るときはたまに目ぇ覚めることが多いけど、確かにいつも仰臥位のままだもの。

いやいやまぁまぁ、寝返りは打ってるのかもしれんがね。
多分、私の寝返りの打ち方は場所を取らないんだろうね。
普通、仰臥位の状態からそのまま横向くと、肩があった部分に体幹がきちゃうけど。
私の場合は肩を引きながら寝返り打つみたいで、頭の位置がぶれないんだよね。多分。

実際、今のアパートに引っ越した当日、まだベッドなかったから
座椅子フラットにして寝たんだけど。両腕が座椅子から落ちちゃうくらいの幅だったけど。
目覚めたとき、側臥位になってたもんね。
この狭さでよく落ちもせず寝返りが打てたもんだ…!と感動したもの。



…これ普通なのかしら。ちょっとだけ自慢だったんだけど。だって便利よ場所とらないから。
PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カウンター

プロフィール

HN:
桜田 美月
性別:
女性
職業:
看護師
趣味:
音楽・読書・運動・ゲーム等

BGM

いつも小さな悲鳴を連れて歩いてるみたい
♪コモレビ

ちょっと一言

たのしいこと、みつけよ。

ブログ内検索

ご紹介

アンケートモニター登録
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- Elysium --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]