忍者ブログ

Elysium

  美月の日常やどーでもいいこと, 自己満, お仕事がんばり物語等を綴った気まぐれ日記

2017/09    08« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日、高校のクラスメイトと旅行に行ってきました。
参加者は12名。その夜に2名増えたけど、次の日が日勤だからと早朝帰って行った子が1人。

そこで思ったこと。はしゃぐのは後片付けのことを考えてからにしてくれ。

私は遺伝的に考えるとお酒強いだろうからね…ずっと素面状態でした。
と言っても、飲んだのは 缶酎ハイ4.5本、梅酒ロック1杯、焼酎と白ワイン一口ずつ。
アルコール度数低いのしか飲んでないから、酔わなかったのも仕方ない。

他の皆がどれだけ飲んでたかは知らないけど、それにしてもみんな酔いすぎ。
それともただテンション高かっただけ?いつもあんなノリなの?
クラスメイトの集まりに行ったの初めてだったから、みんなのノリがわからねぇ。
ウイスキーや焼酎のビン飲み回しが始まったときには、とにかく私はハラハラだったよ。
女子はともかく、男子なんて調子乗ってグイグイいくから、素面状態のわたしはハラハラ。
私もとばっちり喰らうし。一口しか飲めなかったけど。

卒業以来会っていないメンバーと泊りがけでの旅行なんて。
なんで自分行くなんて言ったんだろうと思いつつ、当日朝まで行きたくないと思いつつ、
行ってみれば、会ってみれば、すぐに楽しくなりました。
不思議だね?高校時代クラスメイトとあんまり馴染みなかったのにね。
むしろ在校時よりもみんなと話したと思うよ、多分。



あーあ、わたしもビールとか焼酎とか日本酒とかワインとかウイスキーとか、
もっとお酒っぽいのが飲めればなー。
甘いのしか飲めない。甘いのしか美味しいと思えない。
ビールは飲めるけど美味しいと思えない。
お屠蘇なら好きだけど、それは甘いからでしょ?
ま、これを親に言ったら「飲まなくていい!」って言われるんだけど。

まだ自分「酔ってる」と自覚したことがないんだよね。
酔うほどの量を飲んだことがない、ともいう。
でもさ、これって危ないよね?
自分がどれくらいの量のお酒を飲んだら酔うか把握もしてないなんて。

だから、一回試してみたいんだけど…
試すなら実家か、親と一緒に飲みに行くかしかないでしょ。
つまり、場所はどこでもいいから親がいないとダメ、ってこと。
もし記憶が飛ぶくらい酔ったとしても、連れて帰ってくれる人がいなきゃだからねw

でも先述したように、甘いのじゃないと飲めないから、なかなか酔えない。
缶酎ハイ5本飲んでも酔わないことはわかってるから、それ以上飲まなきゃいけない。
結構お金かかる上、そんなに一気に水分摂取できないよ。
甘いのって炭酸系多いから、たくさん飲むと舌が痛くなるしね。
私が今回の旅行で缶酎ハイ4.5本でやめたのは、舌が痛くなったから+水分で満腹。
まだまだテーブル上には、他の人の飲み残しがいっぱいあったから、
起きてるメンバーでこれ片付けようや、って言ってたのに。ごめんね。



次の日、みんな前日と比べてテンション低かったなぁ。
当たり前よあんなに飲むんだもの二日酔いするよそりゃ。

                                                         では(。・ω・)ノ

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

プロフィール

HN:
桜田 美月
性別:
女性
職業:
看護師
趣味:
音楽・読書・運動・ゲーム等

BGM

いつも小さな悲鳴を連れて歩いてるみたい
♪コモレビ

ちょっと一言

たのしいこと、みつけよ。

ブログ内検索

ご紹介

アンケートモニター登録
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- Elysium --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]