忍者ブログ

Elysium

  美月の日常やどーでもいいこと, 自己満, お仕事がんばり物語等を綴った気まぐれ日記

2019/07    06« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

またカテゴリー追加しました。前からやってみたかったこのカテゴリー・・・ 
自分の好きな歌詞とか言葉とかを、勝手に載せちゃおう という *笑*
でも・・・自分が勝手に作ったやつならともかく、歌詞は著作権は大丈夫なんだろうか・・・;;

今回は、自分の大好きな曲の歌詞を載せたいと思います。 
ちなみに、語りと台詞があるのですが・・・その部分はちょっとこう、凹ませてありますww
 それと、著作権とかなんか色々不安なので、地味に隠したいと思います *笑*
                                                                 では(,, ・∀・)ノ

 

『<ハジマリ>のChronicle』

詞・曲:Revo


   ある抜け落ちたページ…

   歴史を導く白い鴉と 歴史を呑み込む黒い魔獣
   書の記述を真似したごっこ遊び
   キミはいつも鴉で ボクは魔獣の役だった…


昏く永い闇を抜けて  新しい時代が来るよ
鎖ざされていた  物語たち 動き出すよ

何故キミは泣いているの  生きるのは哀しいかい?
そんな時こそ  大きな声で 笑うと良い

世界を優しく包む  大きな笑顔(はな)を咲かせよう
流した涙は  虹になる

キミを傷つけるモノ全てを  ボクは絶対赦さないよ
キミを護るためボクは戦うよ  ボクを最後まで信じて欲しい…


     「ゴホッゴホッ…そんな悲しい顔しないでおくれよ。
      ねぇ…初めて会った日の事を憶えているかい?
      あの日キミは、小さな翼を震わせて泣いていたね。
      でも…今のキミの翼は、とても大きくて力強い美しさに満ちている。」
  
   

     「キミはいつも鴉で、ボクは魔獣の役だったね。
      本当は、たまにはボクも鴉を演りたかったんだけど、
      そうじゃなかった。鳥でも獣でもなかったんだ。
      ボクは今、本当の自分の配役を知ったんだと思う……。」

 
小さき者と嘲笑う  残酷な歴史の時風(かぜ)
翼を広げて迎え討つ

キミが白い鳥になるのなら  ボクは大きなソラになろう
キミは何処までも羽ばたいて往ける  ボクは最期まで信じて逝こう…


     「ボクの事は愛さないで欲しい。
      ボクは、もうすぐキミの世界から消えてしまうから。
      ボクのことなど忘れて生きてゆくんだ。
      これから手にするモノを愛する為に、キミは生きてゆくんだ。
      生き延びるんだ。どんなことがあっても生き延びてゆくんだ。」

     「どんな困難が訪れようとも、絶対諦めたりはしないんだ。
      <時を超え甦るハジマリの地平線>(クロニクル)
      それがボクとキミとの、たったひとつの約束……。」


   ―哀しみの黒い幻想(ファンタジー) ここからハジマル ボクらの戦いの年代記(クロニクル)

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

カレンダー

06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カウンター

プロフィール

HN:
美月
性別:
女性
職業:
看護師
趣味:
音楽・読書・ゲーム等

ちょっと一言

きれいな月をずっとながめていたい

ブログ内検索

ご紹介

アンケートモニター登録
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- Elysium --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]